自然な仕上がりを目指す包茎手術は保険適用外なので注意

カントン包茎と真性包茎は保険で出来ますが注意が必要です

亀頭が包皮に覆われたままで、包皮を引っ張ってもむこうとしても亀頭が出ない場合は、カントン包茎や真性包茎と言われ、手術で亀頭が出るような手術を行いますが保険適用出来る包茎手術の方法は決められています。
まったく亀頭が出ない場合は、不潔になってしまうことが最も問題で放っておくと亀頭が炎症を起こすと言った症状が出ることも有ります。
子供の場合は親が病院で検査を受けさせれば、早いうちに発見して包茎手術を受ければ手術痕も目立つことも無く問題有りませんが、大人になってから包茎手術を受けると手術痕が残ってしまうこともあり他人に気付かれてしまうと言ったことも少なく有りません。
仮性包茎の手術は自費診療なので、医師と相談しながら方法を決めることも出来ますが保険適用の場合は、手術の方法が決められていますのでどうしても気になる場合には保険適用外選ぶことも可能で、この場合は医師と相談して決めることが可能です。

保険適用で包茎手術を受けた後に傷跡を消す手術を受けられます

カントン包茎や真性包茎は、大人としても見た目も悪く温泉に行けないなど普通の生活でも影響が出ますが、精神的にも負い目をおっていると感じる方もいます。
彼女が出来ても上手く付き合えなかったり、ひどい場合に勃起をすると痛みを感じて女性と付き合うことを止めてしまう方もいます。
大人になってから治療をするのは恥ずかしいと感じる方もいますが、病気や日常生活を考えた場合になるべく早く手術をすることが重要です。
仮性包茎は自費診療ですが、カントン包茎や真性包茎は保険が適用されますので診療に掛る費用はあまり気にする必要はなく、手術を受けることが出来ます。
医師の診察を受けると保険の場合と自費診療での違いを説明し、自然な仕上がりを行う手術は自費診療になると説明を受けます。
この場合に注意したいのは、患者の判断に任せずに自費診療を進める場合でこのような時は、セカンドオピニオンで違う医師の意見を聞いて見ることも必要です。

まとめ

カントン包茎や真性包茎の場合治療は保険が適用出来ますが、適用外で手術を受けると自然な仕上がりにすることが出来ます。
自費での手術になるので、お金は掛ってしまいますが医師と相談しながら自分の理想とする仕上がりを目指すことが出来るので、満足度に違いが出ます。
包茎の治療を専門に行なっている医院では、保険適用で手術を行った後に傷跡を無くし自然に見えるための手術を行っていますが、2度の手術を受けることになるので医師と良く相談して保険適用外にすることを考えるのも重要です。