包茎手術で保険適用されるのは「カントン包茎」「真性包茎」

仮性包茎は保険適用外

包茎手術を行う際に気になるのが保険が適用されるのかどうかという点です。実はすべての包茎の方に保険が適用されるわけではありません。日本人に多いとされている仮性包茎は対象外となり、実費での包茎手術になりますので覚えておきましょう。

適用されるのはカントン包茎と真性包茎です。カントン包茎とは、勃起時に皮部分が下がり切らず陰茎を締め付けるような状態になり、うっ血してしまうものを言います。真性包茎というのは、勃起時でも陰茎部分が出ずにいる状態のことです。この2つの包茎に関しては、医療として考えられる為、保険適用の対象となります。仮性包茎は、勃起時に皮が剥けることもあり、日常生活に問題がないとされますが、他の2つに関しては日常生活にも問題が出ると考えられる為、その点で対象かどうかが決まります。

もちろん仮性包茎の方でも包茎手術を受けることは可能ですが、保険が適用されませんので実費での支払いとなりますので注意しましょう。

包茎手術での選択肢が限られる

真性包茎とカントン包茎に関しては保険が適用されると言いましたが、手術方法をこちらから指定することはできません。あくまでも医師が決めた手術方法からの選択であり、傷が残りにくい方法などを選択すると実費での支払いになることがあります。手術方法の選択は自由ですので、実費でもいいからという人は好きな方法を選ぶことも可能です。

真性包茎やカントン包茎に関しては早急に改善することが望ましい為、どのような方法であれ早めに対処する必要があります。陰茎部分と皮の間に汚れや雑菌が溜まってしまうと、感染症のリスクも高くなりますし、女性との性行為に対しても自信を持つことができません。自分自身のコンプレックスを放置するのではなく、改善できるよう行動することはとても大切なことです。まずは、自分がどのタイプの包茎であるのか、そしてどのような手術方法があるのかを知り、医師に相談することが大切ですので、クリニックを受診してみましょう。

まとめ

包茎の種類によっては保険が適用されませんので、その点を確認しておくことが大切です。また、自分自身でどの包茎なのか分からないという人はまずクリニックを受診し、医師に相談しましょう。手術方法も様々ですので、中には適用されない手術方法もありますので注意しましょう。コンプレックスを抱えたまま生きていくよりも、コンプレックスを解消し男としての自信をもって生きられるように、勇気を出し一歩踏み出してみてください。