包茎手術を保険適用で受けられるのはどのようなケース?

健康保険を利用して包茎手術をしたいと考えている人は、多いのではないでしょうか。
しかしながらどのような手術に対しても、健康保険が適用されるわけでは有りません。
その症状の種類、そしてどのような包茎手術を受けることになるのかと言ったことによって、適用出来るか出来ないかと言う事は変わってきます。
まずしっかりとその種類やケースを理解し、どのようにものなのかということをチェックしながら適用出来るか出来ないかと言う事を考えていきましょう。
もしも保険が利くならばかなり安く済ませることもできますので、慎重に判断する事が大切です。

包茎手術のためにしっかりと判断できるようになっておこう

一口にいってもかなり様々な症状に分かれています。しっかりとその対処をするためには、そしてある程度の予算が判断できるようになるためには、全体像をしっかりと理解しその種類や対処法を直すべきなのかどうかといったことを正確に把握しておくことが大切です。
特にそのままほったらかしにしていると、亀頭の下にアカやカスといった汚れがたまりやすく雑菌の温床となって病気につながってしまう可能性もありますので、しっかり治したいところですし、またにおいや早漏といったことがコンプレックスになり性の悩みを抱えることになってしまう可能性もあります。
日本人男性にとても多いのが仮性タイプです。
亀頭が包皮に覆われたでありながら、勃起時には手でむくことができる場合や自然と抜けてくるような場合が多いです。
実際に洗うことはできるので、大きな問題とはなりにくいということは確かです。
子供の頃に勃起する経験の回数で、皮が伸びてしまったりすることから道が出にくくなっているというのがこの仮性タイプの問題点と言えます。
包茎手術を受けることによって、様々なコンプレックスを抱えているくらいであれば思い切って相談すれば今後そのコンプレックスに悩むことがなくなります。
是非とも早めの対処をしていくことが大切ということはまず間違いがないでしょう。

問題となりやすい包茎の種類

包茎を手術を受けた方が良い、特に重度タイプの場合はカントンタイプと真性タイプがあります。
カントンタイプの方は、勃起の時に亀頭が出る痛みを伴ったり締め付けられるように違和感があるケース。
それほど症状が重くなければ仮性タイプに近く、違和感があるという気がするぐらいですが、重症になってくると締め付けが強くなかなか包皮を剥くと戻らなくなったり、締め付けられた先の下の部分が腫れてしまうようなこともあります。
またうっ血して開始してしまうようなケースも考えられるため、包皮の口の部分が狭くなっているという状態を一刻も早く治した方が良いでしょう。
さらに重度のタイプになるのが真性タイプです。
こちらは包茎手術を一刻も早く行ったほうがいいタイプで、普通にしている時であれ勃起をしている時であれ包皮がかぶったままになっており、皮を剥くことができず無理に向くとかなり大きな痛みを伴うケースですので、いかなる時にも被ったままになってしまっているため清潔感が薄れ、アカやカスといった汚れが溜まりやすい状態であり感染症や演奏を引き起こしてしまったり病気につながりやすいという状況や排尿にも影響が出てしまいます。
このようなタイプになると、幼少期前後の勃起回数によって、影響が出てしまっているというのが考えられます。

保険が適用される包茎手術

以上の3種類のタイプのなかで、保険が適用されるのは重度の真性タイプです。
医療的に治療があまり必要ない状態であるため、しっかりと直すことができるようになります。
ただし健康保険を使用した場合は、環状切開法という古い術式が適用されることになりツートンカラーの傷跡が残ってしまうため、亀頭直下埋没法という術式の方がお勧めということがいえます。
「環状切開法」であれば大体3万円程度で行え、また7万円から10万円程度をみておけば確実に行うことができます。
傷跡が残りにくい亀頭直下埋没法といった形の場合は保険がきかず、14万から25万前後を見ておく必要があるでしょう。
一方でカントンタイプや仮性タイプの場合は実は手術が簡単なため、手術自体が安くなるというメリットもあります。大学病院の泌尿器科やクリニック内の泌尿器科でも手術は行われており、そのような場合は安く仕上げることができますものの、仮性タイプの場合は少し難しくなるところを見ておきましょう。
手術料金はほぼ一律で24000円で大体3割負担で考えると7000円弱で、行うことができます。
しかしながらそこに薬代や初診料を加えることにはなりますが、3万円程度で手術が行えるのはかなりお薦めとも言えるので、そちらを計算しておくことも重要といえます。

まとめ

以上今回は、包茎手術を行う上での保険適用がされるタイプとされないタイプについてのご説明をして参りました。
病院の泌尿器科で受けると休めに仕上げられるとは言え、あまり重い病気とみなされていないので、しっかりとメンテナンスなのができないという点がデメリットなので、専門のクリニックの方が傷跡を残さない綺麗な仕上がりがえられるということを押さえておきましょう。
環状切開法は難易度があまり高くない基本的な方法ではありますが、後々傷跡が残ってしまうため別の方法の方がお勧めということが言えるでしょう。
まずはしっかり自分の症状を見て、どれくらい深刻な状態かたいこと判断してみることがおすすめです。

おすすめ検証サイト
絶対に後悔しないクリニック選び
https://www.eugeni-pons.com/